気晴らしの巣

手帳のコトとご機嫌の記録を綴ったブログ

当ブログの記事はPRを含む場合があります

【スマホ断ち】ボッチ女のデジタルデトックスの効果と記録【SNS断ち】

 

今月に入ってから数回、「デジタルデトックスデー」を実施してみました。

 

昨年SNS断ちに挑んで、あんまり効果を実感できなかったんですよね。

 

そのときの記事がこちら。

友達がいないボッチでも1週間のSNS断ちは効果があるのか - 気晴らしの巣

 

なので、SNSだけでなく端末ごと断ったらどうなるだろうと思ってやってみました。

 

友達がいないボッチ女がデジタルデトックスをしたら、どんな効果があるのか。

  • 期間中のルール
  • 過ごし方
  • メリット・デメリット

を記録してみました。

 

  • 体力のない休日編
  • 体力のある休日編
  • 外出編

の3パターンの過ごし方に分けて紹介します。

 

デジタルデトックスをやってみてわかった意外な事実や課題など、いろいろ発見できました。

 

デジタルデトックスに興味があるボッチの方の参考になればうれしいです。

※友人知人が多い方、交遊関係が活発な方の参考には全くなりません。

 

 

 

デジタルデトックスについて

デジタルデトックスの効果

リラックス

デジタルデトックスの効果は実施前に調べておきました。

 

デジタルデトックスの効果とは……

デジタルデトックスを行うことによって感じられる効果は、人によって異なります。

そのため一概にはいえませんが、例えば以下のような効果があるといわれています。

 

・睡眠の質の向上

・仕事・勉強の質の向上

・肩こり、頭痛の低減、脳疲労の回復

・身体を動かす時間が取れる

・人と会う時間を大事にできる

・リアルな体験に価値を見出すようになる

など

 

デジタルデトックスで得られるこのような効果によって、健康的な生活が送れるようになる、趣味や運動、勉強など時間を有意義に使えるようになるなどのメリットが生じると考えられます。

 

引用元:デジタルデトックスとは? やり方や効果を解説~疲れのサインに賢く対処しよう~|がんばるあなたに。疲れの情報局|アリナミン

だそうです。

 

睡眠とか疲れとかに効果があったらいいなーと。

 

果たして、SNS断ちがビミョーだったボッチにも効果はあるのか……

 

 

デジタルデトックス前の端末使用状況

スマホ タブレット PC

わたしの普段の休日の端末使用状況です。

 

スマホ:休日は1日90分くらい使用

ヒマができると触っていました。

SNSを見たり、音楽やYouTubeだったりをダラダラと。

 

タブレット・PC:休日はトータル4時間くらい使用

ブログを書いたり、調べものをしたりで長時間触ることが多いです。

 

合計5、6時間をデジタル端末の使用に費やすという事実……

貴重な休日を完全にムダに消費していました。

数字でみるとゾッとします笑

 

 

デジタルデトックスの基本ルール

スマホ タブレット PC

デジタルデトックス中のルールです。

  • 休みの日に実施
  • スマホ・タブレットPC等、インターネットに繋がるものはNG
  • 端末はすべて電源オフ
  • スマホ・タブレットは視界に入らないところに収納
  • ブログ等の更新は予約投稿にする
  • 緊急自体が発生したらルールは解除できる

 

仕事でインターネットをよく使うので、デジタルデトックスは休日に実施しました。

 

 

デジタルデトックスデー①家でリラックス編(体力がない日)

リラックス

何もしたくない、ダラダラしていたいと思うくらい体力がない休日編です。

 

ルール

  • 全端末NG
  • 頑張らない
  • 汗をかかない
  • 休むことが正義

 

過ごし方・やっていたこと

  • 読書
  • 昼寝
  • 手帳をいじる
  • 植物のお世話

 

午前は植物に水をやったり、太陽に当てたり。

あとは、手帳とノートを広げて、頭をあまり使わずいろいろ書いていました。

 

午後は読書して、昼寝してを繰り返し続けるという……

体力を使わない怠惰な過ごし方だけど、まぁまぁ充実した1日でした。

 

メリット・デメリット

メリット

とにかくリラックスできます

休むことが正義なので、罪悪感もなく、だらけた1人時間を思う存分楽しめました。

 

読書等、ゆるいインプットの時間を作れるのも大きいです。

 

ボーッする時間もあったので、パッと何かひらめくことも。

体力がある日にやりたいことも思い浮かんだので、メモを取ったり、次の休みの予定に組み込んだりもできました。

 

あとは、自分はヒマを謳歌できるタイプか否かを知れる機会になりました。

 

 

デメリット

めっちゃ睡魔が襲ってきます。

 

スマホ等による緊張感と刺激がないのと、ボヤッとする時間が多いのとで、うとうとしがちです。

想像通り、昼寝をしまくりましたからね。

 

しっかり昼寝しちゃうと、夜眠れなくなるので注意が必要です。

それ以外のデメリットはとくに感じず。

 

 

 

デジタルデトックスデー②家でアクティブに過ごす編(体力がある日)

ギター

多少アクティブに動けそうな体力がある休日編です。

ルール

  • 全端末NG
  • やってみたかったことをやる
  • 1日の終わりに充実感をあじわえるように動く
  • 汗をかくのもアリ

 

過ごし方・やっていたこと

  • 寝具類の交換、洗濯
  • 模様替え
  • 窓枠の掃除
  • 洗車
  • 楽器演奏
  • お菓子作り
  • コーヒーを豆から淹れる

 

朝からだいぶアクティブに過ごしました。

午前中は家事などで身体を動かしまくって、
午後は趣味三昧というスタイルです。

 

メリット・デメリット

メリット

充実感ハンパない。

 

スマホ等を触らないぶん、時間が余っているんです。

すると、気持ちにも余裕ができます。

そして行動しまくれました。

 

思い返してみれば、「アレやらなきゃ、コレやらなきゃ」という謎の焦りがなかったんです。

おかげで家事や趣味など、いろんなことができるので、1日の終わりにスッキリした気分を味わえました。

 

あと、1日中動いてちゃんと疲れているので、ぐっすり眠れました。

これが「睡眠の質の向上」ってやつですかね。

ただ、疲れていただけという気がしなくもないですが。

 

デメリット

疲れを感じる。

普段家でなんとなく過ごしているからか、1日かけて家でこんなに動いていなかったんですよね。

休みの日は1日1ターンが限界というか。

なので、夜寝るときに充実感とともに疲労感もグワッと襲ってきました。

 

そして、いかに体力がないのかを実感。

まぁ、体力をつけるという課題が見つかったので良しとします。

 

 

 

デジタルデトックスデー③外出編

自転車

ルール

  • 万一のために電源オフのスマホは持ち歩く
  • スマホはバッグにいれておくだけ、触らない

地震・ゲリラ豪雨などの災害があったときのため、スマホを持ちだしました。

 

 

過ごし方・やっていたこと

  • 買い物は現金、もしくは物理カード
  • 休憩したいときは空や景色を眺める

 

外出中、休憩がてらスマホを触ってしまうんですが……

デジタルデトックス中はコーヒーを買って、飛行機とかをボーッと眺めていました。

 

スマホをいじる時って、下を向きがちじゃないですか。

空を見上げるという、首・肩にとっては普段と反対の角度をとることで、いつもとは違う刺激を与えてみました。

 

かなり肩が凝っていたんだなとわかるし、頭を空っぽにできるので、気持ち的にも身体的にもリラックスできました!

 

 

メリット・デメリット

メリット

時間に追われません。

時間をチェックする端末が使えないので、変に焦ることなく、まったり買い物できました。

 

連絡・通知が気にならないから、買い物に集中できるのもメリットの1つ。

集中力が続くというか、スマホ使用による中断がないので、お店に入って出てくるまでの時間があっという間でした。

 

あとメリットというか……

嗅覚が鋭くなるのか、雨の匂いがわかりました。

小学生以来のあの「雨が降るぞー」っていう匂いです。

天気アプリを確認しなくても意外とイケるんだなと思いました。

 

 

デメリット

アプリが使えないから、決済・クーポン・歩数計なども使えません!

なので、お得に買い物ができないです。

 

アプリが必要ないお店なら、スマホがあろうがなかろうが関係ないです。

なので、今後デジタルデトックス中はそういうお店を選ぼうと思いました。

 

 

 

 

ボッチのデジタルデトックスによる効果

スマートフォン

デジタルデトックスによる効果を細かく紹介します。

 

うーんと思ったポイント

・睡眠の質の向上はよくわからず

・ヒマだと昼寝したくなりがち

・朝起きるのはツライまま

・仕事・勉強の質はとくに上がらなかった

・アプリなしの買い物は若干損した気分

・対人関係のストレスに変化なし

 

効果を感じたポイント

・インプットの時間を作れるようになった

・目の疲れを感じない

・肩こり、頭痛の頻度が結構減った

・脳が疲れにくくなったと思う
(甘いものが欲しくなくなった)

・身体を動かす時間が明らかに多くなった

・家事があっという間に終わる

・体力不足を知れた

・やりたいことをやれた

・やりたいことをひらめきやすくなった

・ボーッとすることに罪悪感を感じなくなった

・ボッチを満喫できる

・ヒマが合うか否かがわかった

・雨が降る前の匂いを感じられるようになった

・時間を確認できることによる焦りがなくなった

・目の前のことに集中できるようになった

・気分が安定している(穏やかな状態)

・ちゃんと充実感があった

・デジタルデトックス体験がネタになる

 

肩こりや目の疲れなど、体調に関わる部分に変化があったのはうれしかったです。

 

それと、想像以上に体力不足を痛感しました。

意外な課題も見つかったので、今後にいかしていきたいです。

 

ボッチならではのデジタルデトックスの効果は……

そもそもデジタルデトックスによる迷惑をかける相手もいないボッチです。

なので、対人関係におけるストレス云々はとくに変化なし。

 

「連絡来てるかも……」みたいなソワソワ感は元々ないので、とくに日常と変わりません。

 

仕事などで人と会う時間も、特に変化なしです。

ただ、だいぶ穏やかに平常心でいろんな方と話すようになったかなと思います。

 

人との他愛ない会話で、デジタルデトックスをしたことを話題にできるので、いろんな方に面白がってもらえたんですよね。

いいネタが作れたなと思います笑

 

あとは、ネットと距離をおけたので、SNSやネットニュースの余計な情報をシャットアウトできました。

暗い出来事に触れずに済んだので、ネガティブな気分になることは一度もありませんでした。

 

 

 

結果:ボッチでもデジタルデトックスの効果を感じられた!

今回デジタルデトックスをやってわかったのは、ボッチでもかなり効果を感じられたということ。


ボッチだからこそ、堂々とダラダラしたり、一人でチャキチャキ動き回れます。

だって、誰かとの約束や急な連絡もないですからね。

 

それと、ボッチでもなんだかんだスマホやPCからストレスを受けているのもよくわかりました。

謎の疲労感・肩こり・姿勢の悪さは、スマホ由来だったかー!とわかっただけでもやって良かったなと思います。

 

また、SNSだけ断つのとは違って、
端末ごと断つと、より時間をたっぷり使える感覚があります。

 

スマホ等と離れる=時間ができて、体力・気力が余る

って感じですかね。

スマホに関しては、触らない方が日常が圧倒的に充実しているというのがよーくわかりました。

 

あと、SNS断ちよりもボッチ感がないです。

端末に気を使うことなく、1人でいろんなことに挑めるからかな?と思っています。

 

 

今後も予定がとくにない休日はデジタルデトックスしていこうかなと。

あと、ガッツリ1週間以上のデジタルデトックスにも挑戦してみたいなと思っています。

試したら、またこのブログに書いていきたいです。

 

 

この記事が、ボッチだけど「デジタルデトックス」や「スマホ断ち」は意味があるんだろうか?と考えている方の参考になったならうれしいです。