気晴らしの巣

手帳のコトとご機嫌の記録

当ブログの記事はPRを含む場合があります

【手帳の使い方】無印 バーチカルスケジュール帳の活用例|時間を見える化させよう!


f:id:ryyaanuccats:20230822130618j:image

先日紹介した「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の私なりの使い方を書いていきます。

 

この「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の目的は、作業時間の見える化です。

 

使い方が確定したわけではない(仮)の状態ですが、いまのところ順調なので記します。

 

誰かの参考になれたらうれしいです。

 

 

 

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の目的

作業を管理することを目的として、「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」を使っています。

 

気づくといつまでもダラダラ作業をしているので、それを食い止めるためと言ったほうが正しいかもしれません。

 

もっと効率的に動きたいな~という願望を込めながら使っています!

 

 

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の私の使い方(仮)

カバー

100円ショップで買った折り紙を透明カバーに挟んでいます。

柄ものの紙を挟むと一気に雰囲気がかわりますね~

 

今が夏だからっていうのもありますが、シチリアのタイルをイメージした折り紙にしました。

 

 

年間ページ

 

年間ページには、このブログに書いたことを記録しています。

書いた日というよりは、ブログに記事をアップした日ですね。

 

この先どれくらいブログを書いていくかわかりませんが、このページをビッシリにできたらうれしいです。

 

月間ページ

 

使用しているペン:ジュースアップ 0.4 黒

 

月間ページには、作業情報を書いています。

予定専用ですね。

その日にやる予定の作業の種類なんかを記入しています。

 

マスの下の方の「W-PC」「W-Paper」は、デジタル作業アナログ作業かです。

 

マス内の「in」は読み込みや勉強内容で、

「out」は作業の締め切りの種類や内容を書いています。

時々現れる「make」はデザイン関連についてです。

 

左ページの端のフリースペースは、今月に済ませたい作業内容をざっくりリスト化しています。

できたらボックスに色を塗って達成度をはかります。

 

週間ページ

 

 

 

使用しているペン:シャーペン・フリクションライト

 

週間ページはログ専用です。

基本的には済んだこと・やったことしか記録しません。

なぜなら、週間ページは作業時間の見える化に重点を置いているから。

 

作業ごとに色を分けて、何時にどれくらい作業したのかを見えるように書き込んでいます。

 

例えば、ブルーはデジタル作業、

グリーンはアナログ作業という感じに。

 

気づくと休憩や食事も忘れてしまうタイプの人間なので、反省の意味も込めて「昼休み」とかも書いています。

 

お菓子づくりや夕飯づくりも一応記録。

いつも時間がバラバラになりがちだし、時短調理を心掛けたくて書くようにしました。

 

 

下のフリースペースには、

  • その日にできたこと
  • 初めてやったこと
  • 記録更新情報

などを書いています。

どんなに小さなことでも書くようにしているので、自分の成長を感じることができます。

これも小さな成功体験の積み重ねですかね。

自分的にはいい習慣だなと思っています!

 

左ページの端は、その週の目標を書くようにしました。

かわいいキャラクターのシールを貼って、目立たせています。

 

右ページの端っこに書いているのは、その週の作業時間です。

この週は48時間くらい。

できればもっと減らしたいんですけどね。

この手帳を使って、もっと作業を効率化していこうと思います!

 

 

バーチカル手帳をどうやって使おうか悩んでいる方は、こちらのバーチカル手帳の使い方・アイデア・活用方法も一緒にチェックしてみてください!

kibarashinosu.com

 

 

 

メモページ

まだ使い方を決めていないです。

決まったら追記します。

 

 

 

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の気に入っているところ

1.THEシンプル

シンプルなデザインで自由度が高いのが魅力的です。

シャーペンでザッと書いただけでも、あっさりした仕上がりになってサマになりますし。

余計な装飾がないので、ストレスもないですね。

完全に自分の好みに仕上げられます。

 

 

2.コスパがいい!

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の価格は税込み990円です。

しっかりした作りにしては安すぎます!

 

私にとってバーチカルタイプの手帳は久々でした。

ちゃんと使いこなせるか不安でしたが、低価格だったので、躊躇せず購入し、試すことができています。

 

この価格でこの質はすごいですね!

感動しちゃいます。

 

 

3.作業時間を見える化できる

バーチカル仕様のため、作業時間を見える化しやすいんです。

 

しかも1週間を俯瞰して確認できます。

 

そのため、「この日は短時間で済んだな」とか「効率が悪いやり方をしてしまったかも」とか、その週のふり返りや反省の機会を作れます。

ダラダラ作業をしがちな私には、とてもいい機能でした。

 

すでに前週の作業時間よりも、効率的に動けるようになっているので、効果はあったなと思っています。

 

 

4.夜の作業をイヤでも減らせるかも?

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」は朝8:00~夜9:00の時間軸なので、必然的に夜作業をしにくくなっています。

 

現在かなり忙しい時期なので、夜中まで作業をしちゃっていますが、9月以降は夜9:00までに作業を済ませられるかなと。

そういう意味でも、この時間軸が良かったというのもあります。

 

 

「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」で、時間を見える化しよう!

今回は「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」の使い方について紹介しました。

 

まだ使い始めて1ヶ月も経っていないので、使い方としてはまだ迷走している感はあるのですが……

使い心地もとってもよくて、すでに愛着がわいてきています。

 

とくに、週間ページ蛍光ペンを使って作業時間を見える化するやり方は、想像以上に良かったです

悪い意味でのムダや非効率的な作業がよくわかりました。

今後はしっかり改善していこうと思います。

 

これから「無印 バーチカルスケジュール帳 2023年8月始まり」をじゃんじゃん使っていこうと考えています。

さらに使い方が変化するようであれば、またブログに書く予定です。

 

そしてこの記事が誰かの参考になれたなら、うれしいです!

 

 

 

 

無印 バーチカルスケジュール帳のレビューはこちらの記事に書きました。

良かったら見てみてください。

kibarashinosu.com